FC2ブログ

星峰のきまぐれ日記

日々の練習風景やおしゃべりを織り交ぜ日記風に 書きとめたいと思っています。

中山道11回目ー3

2019年1月23日 天候晴れ

コース
 醒ヶ井駅より醒井宿の残り分ー番場宿ー鳥居本ー高宮ー愛知川宿(えちがわ)の
愛知川駅までのおおよそ22キロ


6時30分にホテルの朝食を頂き、7時27分の電車で醒ヶ井駅にと向かい、本日のゴール
地点である愛知川駅にと街道歩きをスタートしました。
IMG_2586.jpg  IMG_2587.jpg 


白い息をたなびかせながら、静かな街並みを進む。昨日から気になっていた地面から
飛び出している物体の正体を確かめたくて地元の人を探す・・霜で凍った車の窓を拭いて
いるサラリーマンを見つけた時には尽かさず「これは一体なんなんでしょうか?」って
尋ねました~~(ちょっと答えが不明ですが何かの配管の圧を抜くものだとか・・・??)
ま”変な事に興味を持ちながら街道は番場宿に入って行きます。

街道沿いの庭先にはここが本陣、ここが問屋場と石の案内が掲げられいています。

IMG_2588.jpg IMG_2589.jpg IMG_2591.jpg IMG_2593.jpg
 IMG_2597.jpg IMG_2599.jpg IMG_2600.jpg IMG_2601.jpg

またここが瞼の母で有名な番場の忠太郎出身地(小説の中の人ですけどね)の番場である
なんて無知な私としてはビックリよ~ ま”架空の人物でも一応祀ってある場所があるとかでその
場所に行ってみた・・結果はこのお寺の奥の方なので見て来ることは出来なかったけどね。

IMG_2712.jpg IMG_2602.jpg IMG_2604.jpg

のどかな番場宿から次の鳥居本宿に行くには名神高速道路の側道を進み、小摺針
(こすりはり)峠をえて行きます。多分、高速道路が出来た為にこの峠も歩きやすくなった
かもしれませんが、 短い距離ではありますがハードでしたよ~

峠を越えいよいよ鳥居本宿にと入って行きます。街道沿いに彦根市のモニュメントが
お出迎えしてくれました~
IMG_2641 (2)-2 IMG_2649.jpg IMG_2650.jpg IMG_2652.jpg

そんな中、「神教丸」で有名な赤玉神教丸有川家を見学~誰でも入って見学自由らしく、
門戸を開放してありました・・ちっちさんはここのくすりを飲んでいると持参した物を見せて
くれましたよ~

IMG_2655.jpg IMG_2656.jpg IMG_2657.jpg

有川家の見学後は街道を進むのですが、道幅が狭く、車の流れが気になり少し早足で宿を
通過しました。そうそう、ここには合羽を扱うお店が多数あったとか・・

「鳥居本宿には、雨の多い木曽路に向かう旅人のための雨具を扱う合羽所が15軒もあった。
鳥居本での合羽の製造は1970年代に終焉した。」看板のみを残し、産地の歴史を伝えている。

IMG_2658.jpg IMG_2660.jpg IMG_2661.jpg IMG_2662.jpg合羽所松屋の間違い

近江線彦根駅を過ぎたあたりから道はやや広くなり、暫らくは新幹線と高速道路に挟まれ
た田園風景ののどかな道になります。そして高速道路の塀ギリギリの場所に小野小町塚が
祀られています。案内を読むと、。「出羽国郡司小野美実(好美)は奥州に下る際、小野宿に
泊まり、ここで生後間もない女児を養女にもらい受け出羽国へ連れて帰った、この子が
小野小町といわれる」とか・・

IMG_2664.jpg IMG_2666.jpg

街道は新幹線のガードをくぐると高宮宿にと入って行きます。石清水神社がある辺り
一帯は町を整備しているらしく、道路の拡張工事や、新興住宅地開発を行っていていました。
数年後には見違えるほど近代化の街になっているでしょうね・・・
街道には多賀大社の鳥居があり、その横には大きな常夜灯がありました。13段の
階段があると書いてあったので裏側の階段を見る・・本当に大きいですね・・

IMG_2667.jpg IMG_2668.jpg IMG_2671.jpg IMG_2670-1.jpg 

街道にはそれなりの歴史は残っていますが、今回も食べ物が売ってる店が見当たらず
気分的に歴史を楽しんでいる場合じゃなくなってきた・・^_^;
まだ時間は早いけど、何だか今日も嫌な予感がするぞ~~
地図には大鳥居が有った場所から1キロも行かない場所に食堂マークが載っていた
ので頑張って向かう。が、その場所は定休日~~~あれ~ぇ・・・

でも、その店の前にパン屋さんがあったので、この先の事を考え速攻店内へ・・
各自パンを購入し、目の前のにあるむじん橋地蔵尊傍で食べました。

むじん橋とは「説明板によると「天保の初め彦根藩はこの地の富豪に、広く一般の人々に
寄付を募って橋を架けさせた。当時川渡しや仮橋は有料であった。この橋は渡り賃をとら
なかったことから、むちんばしと呼ばれた」


「むちん橋地蔵尊」は「昭和57年橋脚改修工事の際に橋脚下から発見された。最初に架橋
された時の地蔵としてお祀りをしている。」
 IMG_2674.jpg IMG_2676.jpg IMG_2675.jpg

高宮橋を越すと無駄に(笑)広い道路になります・・暫らくは広い道路を進み再び彦根の
モニュメントに迎えられ、高宮宿と愛知川宿との間の宿である石畑に入る・・
IMG_2678.jpg IMG_2679.jpg IMG_2681.jpg

ここには豊郷町が誇る豊郷小学校旧校舎があります・・がしかし、私と君ちゃんはおしゃべり
に夢中でその姿を目にすることが出来なかったよ~

gaikan-9-650x432.jpg
写真と説明は豊郷観光協会HPより拝借)
豊郷小学校旧校舎群は、昭和12年に近江商人、商社「丸紅」の専務であった古川鉄治郎氏
によって寄贈され、建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏の設計で建てられました。
当時は、「白亜の教育殿堂」「東洋一の小学校」といわれ、平成25年には国の登録有形文化財
の教育の殿堂と言われたそうです。


この小学校からほどなくして、伊藤忠商事を設立した伊藤忠兵衛生家があり、無料で公開して
いるので見学をして来ました。さすがお大金持ちが住んでいたお屋敷、広いよ~
ついでにトイレ休憩をしたのち豊郷を後に次の愛知川宿を目指します。

IMG_2683.jpg IMG_2685.jpg  IMG_2687.jpg

おおよそ3キロ弱進むと今回の終了地の愛知川宿の入口である近江線の愛知川駅に
着きました。ここから近江線で米子まで向かい米子からは新幹線で各自の駅にと向かいます。

IMG_2688.jpg IMG_2690.jpg IMG_2691.jpg IMG_2696.jpg


さて~来月(2月)はいよいよ最終京都です・・


テーマ : ジョギング日記 - ジャンル : 日記

COMMENT

●1年の立つのが速いな〜

詳しく丁寧な報告有難うございます。
もう1年が過ぎ、今月は京都だなんて速いですね。
又、楽しみにしています。ヨロシクです☺️

●NO TITLE

ちっちさん~

そうなんですよ~今月で終わってしまうんです~
寂しくもあり、ホットする部分もありですね・・
暫らくするとまた歩きたい虫が騒ぎだすかもね~

最後も楽しみましょうね~~

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

星峰

Author:星峰
ランニングの世界から卒業し、
今は歩く事を楽しんでいます。
歩きながら、日々変化する季節の
流れなどを書き綴って行きたいと
思っています。

ブログランキングに参加してます。
今日も一押し宜しくお願いいたします。





本家「星峰のお部屋」も宜しく


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード
リンク