FC2ブログ

星峰のきまぐれ日記

日々の練習風景やおしゃべりを織り交ぜ日記風に 書きとめたいと思っています。

中山道7回目ー3

いよいよ今回の最大のイベントである和田峠越えです・・

9月12日(水)天気 薄曇り山中は霧雨 気温15°と涼しい・・
距離はおおよそ24キロ(本来の予定より5.2キロ分カットしました)

前日の疲れか、熟睡快眠モードで気持ちの良い目覚めを迎えました。
6時30分の朝食を待つ間に荷物の整理や身支度をし準備万端状態でモーニング
コールを待つ・・6時30分丁度に食事の声がかかり食堂に・・
食堂には前日お会いしたご夫婦と逢い、本日の峠越えを称えあいました。

IMG_1281.jpg IMG_1283-1.jpg IMG_1288.jpg

峠越えの為に美味しい朝ごはんをたらふく食べ、お願いしておいた昼御飯用の
おにぎりを頂き各自支払を済ませてみやさんを後にしました。
(みやさん、一泊二食付、基本料金6000円+送迎代1000円とおにぎり600円)

今回ご主人に無理を言って、昨日迎えに来てくれた場所でなく、少し距離をワープして
唐津の一里塚まで送って頂きました。(おおよそ5キロカット)大幅なワープのお蔭で
明るい内に峠を越える事が出来ました・・

IMG_1289.jpg IMG_1290.jpg IMG_1292.jpg

本来唐津の一里塚もカットする予定でしたが、ご主人曰く「ここは見学して行った方が良いよ」
と言う助言により入り口前まで送って頂きました。さぁ、ここから本日開始です。

IMG_1295.jpg IMG_1296.jpg IMG_1298.jpg

一里塚から峠の入り口の男女倉(おめぐら)まではおおよそ1.8キロ進み、そこから土道の
峠に入って行きます。峠は歩きやすく整備されていましたが、ガスっていて足元が濡れて
滑らないように気を使いながら歩した~
そうそう、和田峠は下諏訪までおおよそ6時間トイレがありません。さぁどうしたでしょうね~

IMG_1300.jpg IMG_1299.jpg IMG_1301.jpg

和田方面の峠は数週間前に街の方が整備されたらしく、比較的歩きやすかったです。
これまた舗装された道路を横断したり、道路の下をくぐったりしながら頂上をめざします。
途中、数年前まで営業していた茶店も崩れ落ちるような廃墟となっていましたよ~

IMG_1302.jpg IMG_1303.jpg IMG_1306.jpg

熊が出るかもしれないと思いながら大きな声をだしたり、大きな声でおしゃべりしながら
峠の頂上に到着・・う~~ん頂上だと言う感動もなく数分後には下諏訪目指して下りに向かう・・

IMG_1307.jpg IMG_1309.jpg IMG_1310.jpg y149.jpg
 

下り始めると賽の河原七曲と言う曲がりくねったガレ場の急坂を下って行きます。
ここを下り暫らく進むと下諏訪側から登ってくる男性と遭遇・・彼曰く先の道は熊ささが
胸の位置位まで生えているので注意するようにと助言を頂きました。


IMG_1311.jpg IMG_1314.jpg IMG_1315.jpg y171.jpg

彼の助言が無かったらここでもミニ遭難状態になってしまったかもしれませんよ~道案内
の白い杭が笹の為に見えなくて一部右往左往する場所があったんですよ~
殆ど本の知識しかない私達はある意味怖いもの知らずで来てしまいましたが、こうして現実
に経験した方の助言はありがたいですね・・

笹で怪我をしないようかき分けながらほぼ峠の出口に近い場所で宿で作って頂いたおに
ぎりを食べたのち峠の出口にと向かいます。
峠はそれなりに大変でしたが、下界に降りると山はいいな~ぁって感じます。(でも上り、下り
は好きでないよ~)

さて、峠の出口からは淡々と国道と旧道とを進みます。出口から1.7キロ当たりに水戸天狗党の
死者を埋没した浪人塚を見学するはずでしたが、私はどうにもお尻が賑やかになり、近くの会社
の事務所に駆け込み個室を拝借しましたよ~~こればっかりは自然って訳にもいかないので。。(爆笑)

IMG_1318.jpg IMG_1319.jpg IMG_1323.jpg

トイレ休憩後は国道を進んでいると前方に白煙を吐き出す大きな焼却炉が見えてきます。
この煙突の近くに橘橋の一里塚跡(54里目)があるはずと探すと、工場の敷地内に案内版
を発見~辺りを右往左往探すが道が不明・・スタッフに聞くと建物の裏側にある教えてもら
うが道がぬかるんで入れないよ~~せっかくここまで表示してあるのならもう少し大切に
扱ってもいいのにな~ぁって勝手なセリフを吐きながら後にする・・・
その後は諏訪の有名なお祭りである「木落とし坂」を眺めながら一路諏訪を目指す。
坂を下りきると諏訪湖が正面に見えてきます・・


IMG_1324.jpg IMG_1325.jpg IMG_1328.jpg IMG_1329.jpg

いよいよ諏訪大社の春宮が見えて来ました。ちょっぴり中山道の街道から離れ万治の石仏
を見に行ったりトイレ休憩をしたのち街道に戻り、街道沿いにある銭湯で汗を流してから本日
のゴール地点である下諏訪駅にと向かいました。



IMG_1331.jpg IMG_1332.jpg IMG_1334-1.jpg

今回は山道の中で一部電波が届かなかったのか、距離則が不安定だったらしくはっきりした
距離がつかめず、何時もよりアバウトな距離則となってしまいました。
本の距離測や、Kさんの時計計測等を参考にしました。また写真も山中は写せなくて一部購
入した五街道ウォークを書いた方の写真を勝手に使わせて頂きました。

さて、次回10月はメンバーの都合で第四週に行います。またどんなドラマになるかな~ぁ・・

テーマ : ジョギング日記 - ジャンル : 日記

COMMENT

●NO TITLE

助言を貰えてよかったですね。
それによって遭難しなくてよかったですよ。
今回は安心して読めました♪
でも、6時間もどうしたのかなぁ?
気になります( ̄w ̄)えへ

●丁寧な報告、有難うございます

お天気いまいちでしたが、楽しい街道歩きができました。
御柱の木落しが七年に一回と初めて知りました。それと何もなかった注連掛は木落しの1ヶ月
並ぶ。諏訪大社の下社に、春宮、秋宮
があり、上社の本宮、前宮は茅野市の方にあるなんて、帰って調べて知りました。有難うございました😃

●NO TITLE

としさん~

ま”色々ありますよ~~うふふ・・
毎回、毎回珍道中で楽しいですよ~
次回はなにがあるかな???


ちっちさん~

お疲れ様でした~~
ちっちさんは海宝さんの甲州街道に参加して春宮・秋宮
の事を知ってると思っていましたよ・・
もっとしっかり見て来たかったでしょうね。
次回も楽しみましょうね・・


●NO TITLE

またまた盛沢山(きっと書いていないハプニングもいっぱい?)な充実した旅
お疲れ様でした。
熊さんにも出会わず遭難もせずよかったよかった(*^^*)
それにしても、みなさん、本当にタフな仲間ですね。健康がうらやましいです。
次回はますます秋深まってずっと涼しくなっている頃ですね。
楽しい仲間旅が続きますように。

●NO TITLE

かおるさん~

お返事遅くなってごめんなさいね。
とにかく野暮用が多くてPCを開いていてもブログを確認する時間が
なくて、申し訳ありません・・v-436

東海道とは違った緊張感のある中山道・・
まだまだ山もどきを歩くので緊張しながら頑張ります~
それにしても、狂気じみた暑さから解放された途端寒さに
襲われそうですよ~

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

星峰

Author:星峰
ランニングの世界から卒業し、
今は歩く事を楽しんでいます。
歩きながら、日々変化する季節の
流れなどを書き綴って行きたいと
思っています。

ブログランキングに参加してます。
今日も一押し宜しくお願いいたします。





本家「星峰のお部屋」も宜しく


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード
リンク