FC2ブログ

星峰のきまぐれ日記

日々の練習風景やおしゃべりを織り交ぜ日記風に 書きとめたいと思っています。

2011年さくら道・・ランナー編

2011年 4月30日

携帯目覚ましに3時45分で起こされ、昨夜閉店間際の値引き品の名古屋名物てんむすを
食べながら準備をしCIMG0154.jpgいよいよか~ってそれなりに興奮してきたものです。
バスで遅れてきたメンバーを含めホテルのロビーに
朝5時10分に集合し、5時30分の電車でスタート地点に向かう・・電車の中はランナーで埋め
尽くされていました。
nagoya.jpg
スタート前のちょこっとさんとツーショット・・わ~太ってる私~~(笑)

スタート地点では懐かしい顔・顔・顔で、あっちこっちで挨拶を交わして来ましたよ~
SH3819180001.jpg  
スタート間際には200名以上の異常ランナー達に向かって説明や諸注意をする異常ランナー
の元締めである海宝さん~神妙な顔つきで話を聞いているランナーですが、これから266キロ先
のゴール地点に辿りつけるのはさてさて、この中の何人でしょうかね~

7時、まったりしたスタートの合図の中ランナーは一路金沢目指してここJRバス東海車庫
(佐藤さん桜第一号の場所)前からまずは名古屋城を目指します・・
朝の名古屋の駅近くは{う”」っと思う臭いを感じ、さすが西の都会名古屋を肌で感じて
来ましたよ~~(笑)

スタートして暫くは信号等で前行くランナー達に追いつき追い越せ状態でバラけず団体行動
ですが、5キロも過ぎると段々差が広がっていきます~

SH381920.jpg SH381921.jpg SH381922.jpg

名古屋城の周りをぐるりと回ると10㌔、そしてそこから国道22号線に出てから県道67号線、
県道136号線、県道62号線、そして県道190号線で最初のチェックポイントである一宮の
裁判所に着きます。(26・8キロ地点 10時30分)
itinomiya.jpg
この頃はまだまだ意気揚々としてる頃の私ですが、この先は段々ランナーの姿が少なくなり、
自分が走ってる道路が間違えているのかな?って思う位いランナーの姿が見えないよ~
 
遥か彼方の信号でランナーの姿が見えた時はホットしたり、コンビニの中でランナーが買い物
してりしてると尚更ホットしたものです。え?地図を見ろですって~ハイ、その通りなんですが
ものぐさって言うか、勘にたよるって言うか・・モゴモゴ・・

34キロ地点の木曾川を渡り終わる予報より早い雨が降ってきましたよ~それ大粒の雨で思わず
簡易のビニール(ゴミ袋)袋を来ました~それから暫くは降ったりやんだりで、したが、40キロ
近くに来た時に空が一瞬ピカチュウ~~ 数秒後に心臓によくない轟・・
あまりの怖さに軒先で雨宿りをしてると、後ろから傘を射して走ってるおじさんランナーも急ぎ
私が雨宿りしてる所に逃げてきました。その後おじさんは近くのコンビニでカッパを買うと言って
ましたがね・・数分で雨は小ぶりになってきたので私は一足先に出発し、過去の大会でも暑さの為
に自分に負けてしまう場所である金園町4の信号に辿りつきました~
SH381924.jpg(41.6キロ地点)
でも今回は雨が降ったお陰で暑さもなく、一時的に雨も上がり、今回は泣きごと無しで通過しました。
そしていよいよここら辺からウルトラの分野に突入です・・

時々パラパラ降る程度いの雨なのでビニール袋は脱ぎバックにしまう。そして東海学院大学が見える
辺りから本来なら上位を目指すランナーと暫く一緒しました~今回彼の奥さんが初参加でサポートに
回るはずだったんですが、彼の調子が上がらず奥さんが先に行ってしまったとかで、奥さんを探し
ながら走っていたようです。その後kゴール地点でご夫婦が43時間内で完走してきた姿にビックリ・・

奥さんはラスト40キロ近い場所まで先に行っていたとか・・恐るべきママちゃんパワ~~(笑)
そうそう、予断ですが、彼女の練習仲間はこの大会ず~~っと1位のK村さん達ですって・・
それは本人も凄いけど、指導者が凄すぎる~~

余談この位にして、一緒してくれた彼とも50キロ近くの昇り坂では着いて行かれなくなり
またまた一人旅・・そして坂を下りきると懐かしいコンビニが見えて来ました~
過去胃がむかむかで食べ物を受けつけなくなってしまった時にこのコンビニでビールを飲み、
その後ビールを飲みながら時間外完走が出来た曰くのあるコンビニ・・
(53キロ地点関市のコンビニ山田・・53.1キロ 14時40分)7時間40分

今回はまだこの時点では食事が出来たのでここではビールはパス。あくまでもこの時点ね・・
淡々としたこの辺り一帯、数年ぶりに見たら鉄道は無くなり、家並みが増え、違う場所に
来てしまったかと思う変わりよう、ま”私がここに来たのは9年ぶりだもんね~(笑)

さて、いつも大がかりな私設エイドステーシュンを出してくれてる東海北陸自動車道高架下
には今回も立派なエイドがありました~復活し昨年には今までのような大掛かりな私設エイド
は無かったよって情報があったので、半分は期待して無かったのですが、それでも一握りの
期待は捨て切れていませんでした~今回も裏切る事無くソーメンがあり、疲れている時に嬉しい
しょっぱさと喉越しいいソーメン・・ありがたい事ですね・・(57.6キロ地点 15時14分
8時間14分)

毎回ですが、この大会に主催のエイドはたった一か所だけなんです。それ以外はあちこちの走友
会主催や、全くの個人の方々がエイドを出してくれているんです~いつもながら頭が下がります。

ソーメンと水分補給させてもらってから元気がつき、このエイドから美濃市役所までかなりいい
ペースで走れたました~(但しこれがあと後まで足を引っ張る事になるとはこの時点では思わな
かったよ~~

またまた雨がパラパラ降りだした頃、美濃市役所に到着~(64.7キロ地点 14時16分 9時間16分)
この場所も昔は大掛かりなエイドがありましたが・・しかしこの場所より1.3キロ先に道の駅が
出来ていましたよ~~「みのにわか茶屋」ここでトイレ休憩と雨具(ビニール袋)を取りだし準備
をしてる時に、知り合いのカニさんと合流~カニさんはお子様ランチ並みにリックにお菓子を一杯
持っており、その中からドライフルーツのマンゴを沢山頂きました~これがお腹が空いた時に多い
に助かりました・・食事をしていくカニさんと別れ、私は先に進みました・・

道の駅から2キロ行くと昔は個人エイドの「オアシス」があった辺りにゼッケンチェックをしてる
スタッフがおりました。時間を見るのを忘れましたが、その時の順位は130番丁度とか・・
って事は私の後ろに70名近くいるのか~って内心嬉しかったものです・・でもね~そうは人生うまく
行かないものよね~~~

SH381925.jpg SH381926.jpg SH381927.jpg
 
こうこうと流れる長野川に今年も泳いでいましたこいのぼり~~
写真を写していると「やっと追いついた星峰さん~」って仙台のD口さん~あ”もうここで私は
ゴールしてからでないとD口さんとは会う事無いぞ~って内心思ったものです・・
だって早いんだもの・・あ”そうそうライバルと言えば同じ仙台から参加してるK藤さんとも
途中で別れてしまってからレース上ではあう事は無かったですよ~

元気に先に行ってしまったD口さんの後ろ姿が、見えなくならない程度に後ろから追いかけ、ちゃんと
した食事をしようと道の駅「美並」に向かう・・所が道の駅に着いた時には食堂はすでに終わって
いて、残念ながらそこで食事をする事が出来ませんでしたよ~(74.8キロ地点 18時 11時間)

道の駅には大会参加者である整体士のお弟子さん達がボランティアでマッサージをしてくれていま
した~先に着いていたD口さんはマッサージを受けて行くと順番待ち・・でそこでなんとちょこっと
さんと遭遇~かなり前にここに到着し、マッサージを受けながら休息していてこれから出発だとか・・

う~~ん羨ましい~ちょこっとさんを見送ってからマッサージの順番を持とうか思案してたら今度
はYさんが到着~Yさんはトイレ休憩をしたら速効出発すると言うので私もマッサージを受けず、トイ
レを済ませ、夜用のウエアを着用して食事が出来るコンビニまで先に進む・・

57キロ地点のエイドからおおよそ20㌔近く水分だけで来てしまった私はお腹が空きすきなくせに
食べるとウェ~って感じになって来てしまいましたよ~~今まで胃も足も調子が良かったのに・・

せっかくコンビニで温めてもらったスパゲティーも二口口にしただけで捨ててしまい、困った時の
神頼みでここでビ~~ル~~~
ゆでたまごをつまみに、歩きながら一人酒もり~って感じで飲んでいましたが、缶半分も飲むと
寒くなりだし残りは捨ててしまい、ちゃんと自販機の缶入れに缶を捨ててから再出発・・
予定通り、アルコールのお陰で気持がハイになり、暗くてさみしい深戸の辺りも気分明るい~
しかし、スピードは著しく落ち、今までキロ8分近いスピードで走っていましたが、次のチェック
ポイントである郡上八幡駅(93.7キロ)につく頃はキロ8分の貯金は使いきってしまいました。
(キロ8分だと20時16分到着ですが、実際は 21時50分 14時間50分かかってしまいました~)

やはり食べられない事は体力的にいいことないよね~SH381928.jpg
郡上八幡駅から再び国道156号線に戻ると美並でマッサージを受けて来たD口さんと遭遇~
やはり早いよ~~D口さんは眠気が強く、座って食べられる場所のあるローソンに入って少し
休んでいくとか・・そこで私も一緒して休む事はせず、再びビールとチーズを買って飲み歩き
をする事にし、D口さんより先に進みました~

さて、今回のビールはちょっとやばかったらしく、ビールを飲んでからは足をすくわれる事
3度・・あくまでも350ccのビールを半分だけですよ~

昔は大掛かりな個人エイド(本田さんのお母さん)を出してくれていた場所であるJAめぐみ
の大和南(103キロ)に向かう時に縁石にけっずまいて2回転倒~そしてガードレールの下に花
壇が置いてありそれに気がつかず、けっずまずいて顔から飛び込んでしまって耳から下を怪我
をしてしまった・・

この辺りは本当に暗く、参加してる時毎回一回は転倒してる場所なんです・・今回も気持は
充分気を使っていたのですが、疲労とアルコールのせいか、足が上がらず見事という感じの
ダイブ・・一回は後ろの若い彼が助けてくれて多少恥ずかしさも手伝ってすくっと立ちあがり
ましたが、2回目は暗闇でうめき、3回目は大声で泣いてしまいました・・だって暗闇に火花が
舞ったんですもの~~~

転倒し怪我した膝小僧等は時間が経てば治るけど、モンベルのウエアや、CW-Xのタイツが切れ
ると痛いなんて下らない事を泣きながら、途中のコンビニで状態を見て見る・・
そんた時、コンビニのスタッフが顔をどうしたんですか~って聞いて来たので、頃んでしまった
事を話すと血が出てますよ~急ぎ鏡を見たら耳が餃子~おまけに耳から下が擦り傷・・

kizu.jpg
写真は冷やして腫れた部分が治った時に写したのものですが、まだ少し耳タブが青く腫れています。
一本線が入ったような傷の両側は腫れて熱を持っていますよ~アハハなんて大きな口を開けたり、
固い物をかむと耳の関節が痛い・・ほほづえ等着いたらヒェ~~って感じ・・

もう、なんでよりによって顔を怪我するかね~ぇぇぇ・・スピードは落ちては来てるけど、まだまだ
頑張れる状態だったのに、この状態になってしまってから極端にダウン状態・・おまけに雨が降りだ
してきたし・・てるてるぼうずのような出で立ちに再びなり、ライトをしっかり持ち、走ってくる車
にライトを向けて注意を促し事故に遭わないよう前進・・

JAめぐみの大和に着いたものの、やはりエイドは設けられてなく、今までの行い対して改めて感謝の
気持が湧いてきたものです・・暗闇に明かりのような暖かいエイドだったんですよ~
ただ、息子さんがこの大会に参加するって事だけで、自分でも何か応援をしたいと言う気持から設け
られ個人エ的なイドでした。それは素晴らしいエイドでしたよ~

そんな昔の大会を思いだしながら、前は高速道路の工事であちこち迂回させられてた道路も今では
すっかり奇麗に真っ直ぐになり、これまた路を間違えたかな?って錯覚してしまうようでしたよ~

案配良く、前に転倒で助けてくれた若者ではない若者が走っていたので、その彼のストーカー・・
暫くするとパトカーが彼の横に来て何やら話をしてる。急ぎ聞きたかったがパトカーは直ぐに
離れて行ってしまいました~~彼に聞くと「頑張って下さいね」だって・・

そうそう、風のうわさですが、夜中走をやる人が車に対しての反射板や、点滅ライトや、ライト
を持たない人がいたようで、運転手から警察に苦情が来たとか・・でパトカーが行ったり来たり
してたようです。。で、あるランナーは警察から「頑張って」って言われた後、歩道がある方を
を必ず走りましょうって言われたそうですが、私と前後していた彼はちゃんと歩道を走っていた
ので「頑張って」ってことだけしか言われなかったんでしょうね~

確かに私もドライバーなら、真っ暗な夜中、しかも雨が降りガスっているような時に、人が走って
いたらビックリしますよね~~
毎回事故にはくれぐれも気をつけてと主催者からも言われていますが、夜中走をするからには光る
物を持たないって走る前に失格ですよね~~

ストーカーおばさんも、見なれた景色になってくると今度は若者を誘導しながら進む・・がしかし、
この時間になると悲しいかな字が見えない・・唯一のエイドステーションである白鳥の民宿佐藤に
行く方法が変わっているのに間違えて昔のコースに行ってしまった・・

若者も地図が分からず私にくっ付いて来てしまった・・どっちにしても民宿佐藤には着くのですが・・
多少回り道をしてしまったか、どうにか民宿佐藤に着くが、ここからこのさくら道のストーリーに
なっている元JR東海バスの車掌さんであった佐藤良二さんの顕彰碑まで往復(しなくてはエイドに入
る事が出来ません・・しかし疲れて走る意欲を無くしてしまった若者はそのまま民宿さとうにリタイ
アを告げて辞めてしまいました・・

私はまだそのまま続行する予定でいたので強く雨降りお中顕彰碑まで向かいました・・顕彰碑はかな
りの勾配のある坂道を登り、白鳥を見渡せる場所になっています。(114.6キロ地点 5月2日2時53分
18時間53分)

誰もいない顕彰碑に手を合わせ、どうか1500本目の佐藤さくらまで導いて下さってお祈りしてきま
したよ~1500本目は金沢兼六園にあります・・

そして116・1キロ地点の主催者側のエイドステーションには多くのスタッフがランナーの為に
暖かい物や、食べ物を用意して待っていてくれました・・
毎回毎回お世話になっている、お助けマンの谷口夫婦にも、スタート以来会う事が出来ました~
知り合いのスタッフと雨が吹き込むテントの中で話していると、休息場所にもなっている民宿
佐藤の食堂の方で嫌な視線が一杯むけられています・・(笑)

何せ続行するには暖かい部屋に入っては地獄なので見えないようにしていたんですが、でもね~
私より後ろにいたはずのD口さんやK藤さんが先に休んでいるではないですか~~え~~~どうして
どこで抜かれたの~って話をしにストーブガンガンホンワカ暖かい部屋に足を踏み込んでしまいま
した。
あ~~暖かい部屋にまったりした時間~しまったって思った時は遅く、冷えてる内は痛みがマヒし
ていた顔面や打った膝・腰が痛くなりだし、もうこうなると益々着替えて雨の中出て行く勇気が無
くなってしまいました~~
って事で今回のさくら道は5月2日3時過ぎに116.1キロ地点の白鳥でゴールする事にあいなりました~

続くよ~~

テーマ : ジョギング日記 - ジャンル : 日記

COMMENT

●走った距離も長いけど・・・

いや~ 相変わらず長いなー
(*^ω^*)ポリポリ
ざっと読んだけど、また見に来るね。

本当にいろいろありましたね。
泣きそうになり、感動し、痛い思いをして… お疲れ様でした。
暖かい場所でホッとしてしまって、現実に引き戻されたって感じでしょうか?
心も体も「もう辛いのは嫌!」って拒否したんでしょうね…。

ここからは応援でしょうか?
楽しみにしています(^-^)

怪我をしての力走
体力より先に落ちてしまう精神力
これがウルトラの世界なのでしょうか?

貴女に対して頑張ったとコメントするのは失礼と思います。

来月の100キロ軽く流してくださいね。

トンサン~

いつも気を使ってくれてありがとう~
お互い還暦を過ぎると頭で考えてるような行動は出来ないよね~

今回も長編ですから気長に読んで下さい~


としさん~

応援ありがとうございました~
痛い時我慢せず思いっきり声を出して泣きました・・
忍耐との勝負に今回も負けてしまったって感じですね。
でも楽しい走りをした事だけは私にとって救いです~

これから観光やら応援やら全くの観光やらと続くます・・


米さん~

全くその通りです。

ウルトラを走ろうとする人はそれなりに体力は持って
いるのですが、最大なるものは気力です。
これが無くなった時点では歩が進まなくなります。
いやおや、頑張ったって言ってもらえると嬉しいものですよ~~

しまなみもこのままいけば赤信号ですよ~痛みが
納まるまで何日かかるかな??

さくら道、体験してないのでホントは何も言えないのですが、生半可じゃないことだけは読んでて伝わってきます。
体力があっても気持ちが無ければ。。。すべてに通じますね。
しばらくお身体休めてくださいね。(^^)

まさおさん~

ありがとうございます~
今回網走の方と知り合いになりましたよ~
まさおさんも何時か、何時か是非さくら道を走って
みて~
素晴らしさがキットわかりますよ~

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

星峰

Author:星峰
ランニングの世界から卒業し、
今は歩く事を楽しんでいます。
歩きながら、日々変化する季節の
流れなどを書き綴って行きたいと
思っています。

ブログランキングに参加してます。
今日も一押し宜しくお願いいたします。





本家「星峰のお部屋」も宜しく


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード
リンク