FC2ブログ

星峰のきまぐれ日記

日々の練習風景やおしゃべりを織り交ぜ日記風に 書きとめたいと思っています。

乙女の像・・(23日)

夕食・懇親会とアルコールなんぞ飲んでしまったお陰で、ベットに入るやいなや
夢の世界に突入~寝る前に朝、目が覚めた時点で走りに行こうと話しあっていた
ので、部屋のカーテンは閉めずにねました・・

カーテンを閉めずに寝たお陰で目が覚めたのが4時過ぎ・・着替えをする前に外の
様子を見ようと窓を開けると屋根からポタポタ水が・・4階の部屋から3階の庇
を見るとまるで雨が降ってる感じ・・思わずダ~に「雨が降ってるよ~」って言う
と、ダ~が庇より外に手をかざしてみるが雨は降っていない・・って事はこの水は
夜露かな???
雨でないことが分かったので急ぎ支度をして走りに行くことにしました。
外はひんやり肌寒かったですが、空気が澄んでて走り易かった・・

今回のコースは往きは103号線の旧道で瞰湖台(かんこだい・標高583m・十和田湖
の中湖を眺めるに最高の場所とか)方面に上り、宇樽部に下り、そこから新道の103号線で
戻ってくるちょっと汗をかくコースでした。
SH380759.jpg SH380751.jpg SH380752.jpg 

SH380753.jpg SH380755.jpg SH380756.jpg SH380757.jpg
旧道は青森県で山越え、新道は秋田県で峠をトンネルで超えるため坂道ではありますが、
傾斜は低く苦しさはあまりありませんが、旧道の下りを一気に駆け下りてきたためか、
体が異常に重く感じました・・・

そして行きの別れ道に戻って来てからホテルに直行せず、乙女の像までひとっ走り~
乙女の像にたどり着き、ダ~に乙女の像をバックに写真を撮ってもらっていたら、
像の反対側から数名の男女達の「乙女の像ってどうみても乙女にはみえないよな~ぁ」
って話声が声が聞こえてきました。
そしたらその話声に思わずダ~が噴き出したんです。するとダ~の笑声に対して気がついた
その声の主が私の姿を見つけ、「あ”変な意味で言ったのではありませんよ」って弁解する
ものだから、ダ~はますます大きな声で笑だしましたよ・・

ま”確かに私も乙女の像も、どう見ても乙女って体型ではないですよね・・アハハ・・
SH380760.jpg

さて、今回は乙女の像から少し先に行かれる場所があるとダ~が言うので行ってみることに
しました。最初は少し岩登りをするような場所だったんですが、奥に行くにつれ段々怖さが
増し、行くのを拒みだしました。するとダ~はもう少し行きたいのでそこで待つよう言われ
ましたが、こんな怖いと感じる場所で待つのはもっと怖いので一緒に先に進みました。

道は段々分からなくなってきましたが、先人達の道しるべが木々に結びつけてあるのを
見つけ、一応は目的地らしき場所の近くまで行きつましたが、どうも目的は不明・・
それに朝食の集合時間の7時30分までには帰らないと行けないので納得は行かないけど
戻る事にしたのです。

でその時、私は上のほうから何だか人の吐息のような音が聞こえ、ダ~にその事を言うが
ダ~にはその時は聞こえず空耳だろうと言われてしまいました。
私も恐怖心で空耳だったかと渋々納得・・何せ、30分間冒険中人っ子一人逢わなし、映画の
一シーンみたいなうっそうとした場所だし、もう頭真白・・おまけに登ってる時は足場は
大丈夫でも、下る時には大変~滑るは転ぶはでもう散々・・

SH380764.jpg SH380765.jpg SH380766.jpg 
SH380767.jpg SH380768.jpg SH380769.jpg

そんな散々な思いをしてる時に二度目の人の気配を感じた私・・そこでもう一度ダ~にその旨を
話すと今度はダ~が大きな声で「誰かいますか~」って叫んだところ「は~~い居ますよ~」って
声が上の方から聞こえました・・やはり私の空耳ではなかったんだ~~

声はすれど姿は見えずって場所に声の主はおり、これから下って帰るとか・・かなり上の方から
なので、まさか湖畔に戻るまで逢うことはないと思っていたら、近道があったらしく我々の前を
歩いていまいた。そこでその方とお話しながらついて行くと湖畔までアット言う間に下りてこ
れました。その方は地元の方で毎月この場所に登りに来てるとか・・そしてその方は、毎月登り
に来ていて、始めて人に逢ったとか・・それと3年間平塚で仕事をしていて我々が住む市をよく
知っているとか・・何だか奇遇な出会いでしたね~
あ”これってもしかしたら乙女の像のお導きかな???

続く・・・


今日の走行距離14キロ
今月の走行距離115.6キロ

テーマ : ジョギング日記 - ジャンル : 日記

COMMENT

あはは・・・乙女の像の件笑えるわ~。声に主さんたちもバツが悪かったでしょうね。ダー様に、おお受けだったのね。

なんかすごいとこ歩いて登ってるけれど、熊さんは出そうもない明るい感じがしますね~。森林浴で元気になりそうだな~。って、下りが大変だったのね。

たしかに乙女にはみえないかも知れませんね。
あっ、乙女の像のことですからね~(;^_^A
しかし夜露で雨のようにポタポタ垂れるなんて、何だか凄いですね。

ま・昔はみ~んな乙女だったんだからさっ!?
ダァ~様に受けたのは・・わたくしも爆笑。ごめんなさい。
楽しい旅だったようですね。うらやまし~。
わたくしも、温泉に行きたい!と、キングに言ってますが・・却下されてます。
ホテルのチャリでまた、走らされるのがいやなのかも?!(ーー;)

かおるさん~

ね~笑えますよね~
何回見ても乙女って感じには見えないよね・・
でも声の主、凄く気まずかったようですね~
そもそもダ~が笑うからいけないんだよね・・全く一番そう思ってるのが
ダ~ってことですよね・・

明るい場所もありますが、全体的にはうっそうとした
場所ですよ~熊さんも出るし、一人では絶対行けないよ~

としさん~

アハハ・・乙女の像と私は一緒ですよ~~
湖の直ぐ近くだし、気温の変化で夜露が降りるんで
しょうね・・この日は気温がかなり下がりましたから・・


honeyさん~

そう、そう、昔の乙女って題なら許せますけどね・・
結局一番行けないのがダ~なんですよね~
旅行は行けばそれなりに楽しいですが、行くまでは気が重い・・

キングはチャリでそうとう嫌な思いをしたのね・・
どげんかせんといけんですね・・

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

星峰

Author:星峰
ランニングの世界から卒業し、
今は歩く事を楽しんでいます。
歩きながら、日々変化する季節の
流れなどを書き綴って行きたいと
思っています。

ブログランキングに参加してます。
今日も一押し宜しくお願いいたします。





本家「星峰のお部屋」も宜しく


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧

ブログ内検索

RSSフィード
リンク